今日の壮瞥

壮瞥町地域おこし協力隊が内閣府の有識者会議の委員に!

こんにちは、壮瞥町地域おこし協力隊コジマです。

2018年に入っての出来事ですが、壮瞥町の地域おこしのお仕事と別に、内閣府の有識者会議に参加させていただくことになりました。

20180313_naikakukanbo_yushiki.JPG
▸会議の様子

今年2月~5月末までの間、全6回ほど東京で開催されます。

20180313_naikakukanbo_yushiki2.JPG
▸梶山大臣

どのような会議ですか?

内閣官房「まち・ひと・しごと創生本部」が開催する「わくわく地方生活実現会議」という会議です。 若者が夢や希望をいだいて地方へ移住する動きの加速や地方における人材確保策をテーマに、日本全国から知事や、芸能人、教授、経営者、農家など様々な分野での活躍している13名の専門家があつまり、抜本的な取組を検討します。

20180313_naikakukanbo_yushiki3.JPG
▸コジマ発言の様子

コジマの役割は?

地方の町への移住者や外国人から見た日本の地方といった視点、今までの仕事を通じて得たマーケティングや情報発信に関する経験や知識、また、今回それらを壮瞥町にどう活かせたか、という立場で呼ばれました。

美しい大自然と様々なポテンシャルを持つ壮瞥町の魅力を伝えつつ、またこの町はどのような取り組みをして、地方の町としてどのように将来と向き合っていけるか、そのような内容を発言できることも望みんで参加してまいります。

TOP