まちの紹介

町長室

町長挨拶

20190528_Tanabe_chocho.jpg

壮瞥町のホームページを訪問いただきありがとうございます。

緊急事態宣言が、9月30日をもって解除されました。
壮瞥町では、りんご、ぶどうなどくだもの狩りのシーズンを迎え、新鮮な農産物が、道の駅や直売所等で販売されています。温泉宿や昭和新山の土産店、ロープウエイ、熊牧場、飲食店も営業を再開し、皆さまのご来訪をお待ちしております。

9月定例議会で令和2年度の決算が認定されました。
町政をお預かりして約2年半。最大の懸案であった平成28年度以降「実質単年度収支」の不均衡(3年間で累計3億円余)は、令和元年度667万円、2年度は150万円まで圧縮・改善され、2年度末には5年ぶりに基金残高も増加に転じました。

この要因は、コロナ禍、税収が大幅に減少しましたが、ふるさと応援寄附金など温かいご支援をいただいたこと、地域経済や住民生活に支障のない範囲で、徹底した支出の抑制と国や道の施策を最大限活用した財源の確保によるものと認識しています。
概要は、広報10月号の特集P2~5に掲載しています。

本年7月から「企業版ふるさと納税」も受付可能となりました。
健全な財政のもと、総合計画に位置付けた施策や計画的な社会資本整備により「子どもたちに希望ある町を準備する」ため、まちづくりを推進する所存です。

これからも温かいご支援をよろしくお願いいたします。

令和3年10月1日
壮瞥町長 田鍋 敏也

所信表明

TOP