今日の壮瞥

自然の芸術作品「しぶき氷」とは?

こんにちわ!!

壮瞥町の地域おこし協力隊の"ながとも"です。

新年明けましておめでとうございます。

私は北海道で初めて年越しを致しました。

雪見の年越しかな・・・なんてちょっとワクワクしていたのですが、年末年始はなんと、雨!!という、想像していたよりも寒くなくて、とっても過ごしやすかったのでびっくりしていました。

そんな私は今シーズン初めての「冬」を迎えているわけですが、とっても感動した景色がありますので是非ご紹介させてください!!

それは「しぶき氷」という自然の作り出す造形作品についてです。初めて聞く方もいると思いますので、まずはしぶき氷の説明からしますね!

しぶき氷とは?

しぶき氷とは、海や湖の波しぶきが湖岸や海岸にある木々や岩などに氷結して少しずつ成長し、氷の彫刻のような美しい造形物を作ることです。

写真はこの冬に私が撮影した洞爺湖畔での「しぶき氷」の写真です。

しぶき氷写真①「洞爺湖の中島を背景にしぶく氷!!」shibuki.toya.1.jpg

しぶき氷写真②「中島と羊蹄山を背景に木にしぶき氷」shibuki.toya.6.jpg

しぶき氷写真③「洞爺湖しぶき氷の一滴」shibuki.toya.4.jpg

しぶき氷写真④「木琴ならぬ氷琴」shibuki.toya.5.jpg

しぶき氷写真⑤「氷柱のしぶき氷」shibuki.toya.3.jpg

この現象が発生するには、厳冬期でも海面や湖面が凍らず、絶えず波しぶきが上がり、かつ、その波しぶきがすぐに凍るという条件を満たす必要があって、国内では珍しい現象と言われています。

こちらの写真がなんとなくイメージしやすいでしょうか?
木に湖のしぶきが ざぶ〜ん と、かかっている瞬間を捉えていますが、これを繰り返し繰り返し行うことで氷が育っていくのです。

shibuki.toya.2.jpg

それと・・・「海面や湖面が凍らず」という点がポイントとなりますが、ここ北海道の数ある湖の中でも洞爺湖は北の不凍湖とも呼ばれる場所です。

なんで洞爺湖って凍らないの?についてです。

凍らない湖、洞爺湖について

北海道には100以上の湖があり、そのほとんどが冬期に結氷するそうですが、道内の中で凍らない湖(不凍湖)として知られているのは支笏湖と洞爺湖のふたつです。これらのうち、日本の北の不凍湖と呼ばれ、最北端にあるのが支笏湖です。洞爺湖も支笏湖もカルデラ湖で水深も深くそして透明度が高い湖として人気のエリアです。

洞爺湖の位置関係は是非こちらの動画をご覧ください。

「Discover Sobetsu(魅力いっぱい!壮瞥町マップ)」

そして湖がなぜ凍らないのか?そのポイントは「深さ」と「対流」にあります。

洞爺湖の水深はおよそ180mと言われ、支笏湖の水深はその倍の360mとも言われています。

夏は暖められた軽い水が湖面にあり、冷たく重い水が湖底にあります。秋になると湖面の水温が下がり始め、対流と風による混合によって徐々に深くまで冷たい水が沈降していきます。

冷却による混合が湖底まで到達すると、湖全体が同じ水温となり、それから湖面付近の水温が下がっていきます。外気温がいくら厳しい氷点下に冷え込んでも、湖全体が冷えないと湖面の結氷が始まらないため、深く容積の大きい湖ほど結氷に長い時間がかかるわけです。ただ過去には全面結氷した年もあったようです。それほど寒いということですね。

カルデラ湖について

洞爺湖は今からおよそ11万年前に巨大な火山活動で窪地ができ、そこに水が溜まった湖、カルデラ湖です。凍らない秘密に深さが関係していましたが、それだけ大きな火山活動があったことがわかります。このしぶき氷が11万年前の火山活動によってもたらされた奇跡の瞬間だと思うと、しびれます。

洞爺湖周辺地域は「洞爺湖有珠山世界ジオパーク」といって、世界ジオパークにも認定されている地域です。

地球の生み出したこの奇跡の地形が素晴らしい景色につながっているのですね!ぜひジオパークにも興味を持っていただけたらと思います。

詳しくはこちら・・・http://www.toya-usu-geopark.org

と・・・いうことで支笏湖のお話も出ましたのでお隣の支笏湖のしぶき氷もご一緒に紹介します!

支笏湖のしぶき氷

しぶき氷写真①「ふりこのようなしぶき氷」shibuki.shikotsu.3.jpg

しぶき氷写真②「ふりこしぶき氷はこうしてできる?の瞬間」shibuki.shikotsu.1.jpg

しぶき氷写真③「まるで氷のコウモリ・・・」shibuki.shikotsu.2.jpg

と・・・洞爺湖とはまた一味違う支笏湖のしぶき氷でした。支笏湖の魅力はやはり湖の透明度の高さでしょうか。湖面の透き通った湖が鏡のようになり、しぶき氷がとても美しく写されています。

洞爺湖と支笏湖は支笏洞爺国立公園です。

と、いうことで洞爺湖と支笏湖は1時間ほどで行き来できますので、「しぶき氷」めぐりもいいかもしれませんね!!国立公園ですので見学の際はマナーもしっかり守りましょう。

しぶき氷を見学する際の注意点

洞爺湖も支笏湖も国立公園です。植物をむやみに傷つけたり、採取したりするのはやめましょう。ゴミは持ち帰りましょう。

また、最も注意頂きたいのは岩や地面がツルツルに凍っている場所が多いので、滑らないように靴には気を使った方が良いです。

また、しぶき氷が見れるということはそれほど冷えているということですので、寒さ対策はしっかり行ってください。

車で行く方は、洞爺湖や支笏湖は車が停められる場所が限られています、危険な路駐はせずに駐車スペースに車を停めて見学してください。

壮瞥町で温泉に入って身も心も温まろう!

見学で冷えた体を温めるのはやっぱり火山の恵み「温泉!!」ですね!

極寒の見学は芯まで冷えます。風邪引かないように、しっかり暖まってくださいね!

壮瞥町では様々な温泉が楽しめますので是非ご利用くださいね!

【日帰り温泉のご案内】*営業日・時間を必ずご確認ください。

・洞爺サンパレスリゾート&スパ(10:00 〜15:00)▷ 詳細 

旬菜宿房いこい荘(15:00〜21:00)      ▷ 詳細

・ばんけい温泉 湯人家(ゆのとや)      ▷ 詳細

蟠渓ふれあいセンター(13:00-19:00)     ▷ 詳細

久保内ふれあいセンター(10:00-20:30)詳細

など・・・宿泊や温泉情報はこちら       ▷ 温泉・お宿情報

TOP