今日の壮瞥

移住に必要な手続きとは?移住前と移住後に分けて詳しく解説!

こんにちは。北海道壮瞥(そうべつ)町です。

新しい街で新しい生活を始めるというのは、本当に魅力的な体験です。
ライフスタイルの多様化や終身雇用制度の崩壊なども影響し、移住という選択肢を選ぶ方は加速度的に増えています。

移住を考えるときに少々大変なのが手続き。
住民票や税金関連などの役所関係、電気・ガス・水道などのライフライン関係、インターネットプロバイダーとの契約や住所変更届の提出などなどたくさんの手続きがあります。

今回は移住前と移住後の手続き、その他忘れてしまいがちな点について、時系列に沿ってお伝えしていきます。
チェックリストとしてもご活用ください!

【移住前の手続き】住所を移す前に必要な手続きや流れ

20200127-ShowaShinzanUp.jpgのサムネイル画像

まずは、移住前~当日までに必要な手続きや流れを整理していきましょう。


移住の3か月~1か月前

賃貸契約の解除、持ち家の売却等
賃貸住宅にお住まいの場合は、多くの場合、1~2か月前までに契約解除の申し出を行います。
持ち家の場合、売却するか賃貸に利用するかを選択するのが一般的です。
ご自身のライフプランに沿って、不動産会社に相談しましょう。
※壮瞥町の公営住宅にお住みの方:原則、退去の1週間前までに退去届の提出が必要です。
※壮瞥町で持ち家にお住まいの方:売却・賃貸の際は壮瞥町空き家バンクをご活用ください。
※空き家バンク登録に係るお問い合わせ先は壮瞥町役場企画財政課企画広報係(電話:0142-66-2121)になります。


引っ越し業者の見積もり
複数の業者から見積もりを取るのがおすすめ。業者によっては数万円などの差が出ることもあります。
ただし、安ければいいというものでもありません。
信頼できる業者かどうかはネットの口コミなども参考にし、慎重に判断しましょう。

転校の手続き
学校に通うお子さまがいる場合は、転校の手続きが必要です。
公立の小中学校であれば、役所と在籍校で手続きを行います。
私立の学校に転校する場合は、編入試験などが課される場合もあります。お早めに問い合わせましょう。

新住宅についてリサーチ・申し込みの検討
移住したい町の新住宅を探し始めましょう。公営住宅なのか、家の購入なのか、町のウェブサイトや町の不動産に確認しましょう。
壮瞥町内の、町営住宅や空き家情報を含めた住宅情報は、壮瞥町のウェブサイト内にある空き家バンクをご確認ください。

粗大ごみ収集の依頼
粗大ごみの収集を依頼する必要がある場合には、早めに申し込んでおきましょう。
自治体にもよりますが、3月など引っ越しの繁忙期は予約が埋まってしまい、希望日に捨てられないこともあるようです。
※壮瞥町でのゴミの捨て方は、こちらからご確認ください

移住の1か月~1週間前

転出届の提出
元の市区町村の役所に提出し、転出証明書を受け取ります。
これにより、住民票や住民税の納付先が新住所に変更できます。
引っ越しの2週間ほど前から受付が可能です。

国民健康保険の資格喪失の手続き
国民健康保険に加入されている方は、元の市区町村の役所で資格喪失の手続きが必要です。転出届の提出と一緒に行うとスムーズ!
引っ越し後に、転居後の役所で新たに加入手続きを行います。

印鑑登録の廃止
印鑑登録をしていた方は、印鑑登録廃止の手続きが必要です。
こちらも元の市区町村の役所で行います。
転居届の提出により自動的に廃止される自治体もあります。
※印鑑登録をしていなかった方は必要ありません。

児童手当の受給事由消滅届の提出
児童手当を受給しているお子さまがいる場合は、元の市区町村の役所へ児童手当受給事由消滅届を提出します。
その際に、転居後の市区町村の役所に提出する「住民税の課税証明書」か「所得証明書」を発行してもらいます。

電気・ガス・水道の使用停止の申込み
電気・ガス・水道については、使用停止日までの使用料金を清算するため、使用停止時点に立ち会う必要があります。
引っ越し当日のスケジュールを考えて、事前に立ち会いの時間帯を決めて申し込んでおきましょう。
※壮瞥町での水道使用停止は、事前に給水中止届の提出が必要になります。
(様式は町ホームページからダウンロードできます)

転居先のガス会社へ使用開始の申し込み
ガスについては新居にて新たに使用を開始する際、開栓の立ち会いが必要です。
引っ越しの1週間前には予約しておきましょう。
ちなみに電気と水道については、立ち会いや新たな申し込みの必要はありません。
※壮瞥町では、事前に給水開始届の提出が必要です(立ち合いの必要はありません)。
(様式は町ホームページからダウンロードできます)

郵便物の転送依頼
転送依頼は郵便局の窓口に提出します。
その後1年間、旧住所に届いた郵便物を新住所に転送してくれます。
本人確認書類と旧住所が証明できるもの(運転免許証やパスポートなど)を持参すれば、簡単に手続き可能です。
インターネット上でも受け付けていますよ!(郵便局のe転居をご参考ください)


移住の当日(旧居にて)

電気・ガス・水道の使用停止の立ち会い
使用停止の作業に立ち会い、料金の精算を行います。
どうしても立ち会えない場合は、後日精算することになります。
※壮瞥町では、水道使用停止の際に、立ち合いの必要はありません。

旧居の明け渡し
賃貸住宅の場合、引っ越し作業終了後に不動産会社や大家さんに鍵を返却します。
その際、室内状況の確認も行われます。
引っ越しの日と退去日が違う場合は、退去日に行います。

【移住後の手続き】移住した先で必要な手続きや流れ

20200127-Juumin-tetsuduki.jpgのサムネイル画像

移住当日や翌日以降に移住先で行う手続きも整理していきましょう。

移住の当日(新居にて)

電気・水道の使用開始
電気はアンペアブレーカーと遮断機を「入」に、水道は水止め栓を開ければ使用できます。
その後、電気使用申込書と水道使用開始申込書をそれそれポストに投函するか、ウェブサイトで使用開始の手続きをすれば終了です。
※壮瞥町では、事前に給水開始届の提出が必要です。
ガス開栓の立ち会い
ガスについては、ガス機器を設置したうえで開栓の立ち会いが必要です。
引っ越し前にスケジュールを確認し、予約しておきましょう。

移住の翌日以降

転入届の提出
引っ越し後2週種間以内に、新しい市区町村の役所に転入届を提出します。
転入届を提出するとき、元の役所で転出届を提出したときに発行された「転出証明書」が必要です。

国民健康保険加入の手続き
新しい市区町村の役所で国民健康保険加入の手続きを行います。
こちらも引っ越し後2週間以内です。
期限を過ぎてしまうと医療費を全額負担することになりかねませんので、注意が必要です。

印鑑登録
他の市区町村に移住する場合、元の印鑑登録は廃止されます。
必要であれば、転居先の市区町村で新たに登録をしましょう。市区町村の役所で行います。

国民年金の住所変更手続き
会社員の方は、勤務先の会社の担当者に「被保険者住所変更届」を提出するだけです。
自営業の方は、転居後の市区町村の役所・国民年金担当課の窓口に「被保険者住所変更届」を提出します。
年金手帳と印鑑が必要になり、引っ越しから2週間以内に行います。

転入学届の提出
学校に通うお子さまがいる場合は、転入学届の提出が必要です。
まず、新しい住民票を教育委員会に提出して「転入学通知書」を発行してもらいます。
前の学校で発行してもらった「在学証明書」と「教科用図書給付証明書」と合わせて、転入先の学校に提出します。
私立の場合は対応が学校ごとで決まっているので、学校に直接問い合わせましょう。
※壮瞥町の学校教育については、こちらのページをご確認ください。

児童手当の認定申請
新しい市区町村の役所で、引っ越しから15日以内に児童手当の認定申請を行います。
元の役所で発行してもらった「課税証明書」または「所得証明書」が必要です。
その他、印鑑や銀行口座、年金の記号・番号が必要となります。

その他の忘れそうな手続きもチェック!

20200127-ChoeiJutaku_Kotti(1).jpgのサムネイル画像

その他の忘れてしまいがちな手続きについてもリストアップしておきましょう。

ペット
飼い主の登録住所変更の手続き
犬を飼われている場合は、狂犬病予防法などの法令に基づき、飼い主の住所登録が義務付けられています。
新しい市区町村の役所で、引っ越しから30日以内に飼い主の登録住所変更の手続きしてください。
そのとき、元の役所で発行された「鑑札(かんさつ)」や「狂犬病予防注射済証」が必要です。

運転免許証の住所変更
移住先を管轄する運転免許試験場か警察署に「運転免許記載事項変更届」を提出します。
新しい住所が記載された住民票が必要です。
※壮瞥町最寄りの警察署:伊達警察署(〒052-0031伊達市館山町10番地22)

車庫証明の取得申請
移住先を管轄する警察署で、車庫証明の取得申請を行います。
引っ越しから15日以内に手続きしましょう。
貸し駐車場の場合は「自動車保管場所使用承諾証明書」か「賃貸借契約書」を貸主に発行してもらいます。
車庫証明発行には約1週間かかります。

自動車の登録変更
移住先を管轄する運輸支局で、住所の登録変更を行います。
こちらも引っ越しから15日以内に手続きしましょう
車検証、車庫証明、新しい住民票、印鑑などが必要です。
管轄の運輸支局が変わる場合にはナンバープレートも変更になるため、自動車を持ち込むことになります。
※壮瞥町最寄りの運輸支局:室蘭運輸支局(〒050-0081室蘭市日の出町3-4-9)

バイクの登録変更
移住先を管轄する運輸支局で、住所変更の手続きを行います。
管轄の運輸支局が変わる場合はナンバープレートも変更になるためバイクを持参して、新しいナンバープレートをもらいます。

保険・金融
火災保険・地震保険
まずは保険が賃貸向けのものなのか、持ち家向けのものなのか確認が必要です。
そのうえで、新しい住居の形態によって、保険の中身を見直していきましょう。
地震保険は立地や築年数、建物の構造によって保険料が変わりますので、よく確認しましょう。

銀行口座の住所変更
銀行口座の住所変更をしないと口座が使えなくなるわけではありません。
ただし銀行からの通知が届かないなどトラブルの元になりますので、速やかに行いましょう。
窓口、電話、郵送、インターネットなど、様々な方法で手続きすることが可能です。

クレジットカードの住所変更
クレジットカードの住所変更も、電話や郵送、インターネットなどを通じて簡単に行うことができます。
住所変更を怠ると送付物が届かないばかりか、クレジットカード会社の信用を失いかねません。
忘れずに手続きを行いましょう。

通信・インターネット
固定電話の住所変更
契約している回線事業者に連絡します。
インターネット接続サービスを利用している場合には、開通までに時間がかかる場合もあります。早めに手続きしましょう。
遅くとも1か月前には取りかかれると安心ですね。

携帯電話・スマートフォンの住所変更
携帯電話やスマートフォンは住所変更をしないと、請求書が届かないなどのトラブルになりかねません。
携帯ショップやインターネットから手続き可能です。
引っ越し前でも後でも行えますので、時間があるときに済ませておきましょう。

インターネットの手続き
新居が一戸建ての場合は、回線工事が必要です。
回線事業者と日程を調整する必要がありますので、早めに連絡を取りましょう。
繁忙期は1か月以上先になることもあります。

集合住宅の場合は、すでに回線が引かれている場合もありますので確認しましょう。
自主的にプランを乗り換える場合も含めて、解約の場合には手続きが必要です。
回線事業者とプロバイダーが別の場合には2つの解約が必要ですので、注意してください。

【まとめ】移住前後の手続きをリストアップして、早めに行いましょう!

新しい暮らしの始まりに胸躍る移住ですが、忘れてはいけない手続きは少なくありません。引っ越し当日前後は何かと忙しくなりますので、余裕をもって早めに計画を立てておきましょう。

やるべきことを時系列に沿ってリストアップし、整理しておくと分かりやすいです。
できるだけ効率的に済ませられるといいですね!

電話やインターネットなどで済ませられる手続きはつい後回しにしがちですが、時間の空いた時にこまめに行っておきましょう。

北海道壮瞥町では、さまざまな移住に対するサポートもおこなっています。
壮瞥町への引っ越し手続きの一覧はこちらからご覧ください。
みなさんの移住が滞りなく進むためにお手伝いをさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。


移住相談窓口の連絡先

〒052−0101
北海道有珠郡壮瞥町字滝之町287番地7
壮瞥町役場
電話: 0142-66-2121

壮瞥町移住ウェブサイトに行く

関連記事
TOP