今日の壮瞥

移住にかかる費用の目安は?必要な金額を把握しておこう!

こんにちは。北海道壮瞥(そうべつ)町です。

移住に際して「費用」は重要な確認ポイントの1つ!

今回は、移住に必要な費用について解説します。
移住開始時に必要となる初期費用や移住後の生活費の目安、まとまった費用が必要となるケースなどをご紹介します。

移住で失敗しないためにも、費用目安を知ってぜひシミュレーションをしてみてくださいね!

20200313_Ijuu-hiyou.jpg

移住にかかる初期費用の例。総額と内訳は?

移住にかかる費用は移住先や家族構成によっても大きく異なります。

日本FP協会の発行する『「地方移住」で気になるお金の話』を元に、地方移住にかかる初期費用の一例をご紹介します。

【地方都市への移住初期費用例】

夫婦2人+子供1人夫婦2人
引越し代 12万円 11万円
住居費初期費用
敷金 9万円 12万円
礼金 4.5万円 6万円
仲介手数料 4.5万円 6万円
家賃(1ヶ月分) 4.5万円 6万円
火災保険料 2万円 2万円
自動車購入(諸経費込み) 保有 (中古)80万円
その他費用 30万円 20万円
合計 約67万円 約143万円

参考元:日本FP協会

移住にあたりまず初期費用として必要となるのが、引っ越し費用と住居確保のための費用です。

まずは賃貸物件での費用例をご紹介しています。
賃貸契約をするには家賃だけではなく敷金、礼金、仲介手数料なども必要です。
※北海道の賃貸物件では礼金がかからないことが多いです。
また、公営住宅の場合では、敷金はありますが、礼金・仲介手数料は不要になります。
壮瞥町の公営住宅についてはこちらをご参考ください。

その他の費用には引っ越しまでの下見費用、家具家電購入費用などがあります。
新しく家具や生活用品を買い揃えたり自動車を購入したりすると、初期費用が100万円を超えてしまう可能性も考えられます。

また、移住先で新たに仕事を探す場合は、仕事が決まるまでの生活費も初期費用として準備しておく必要があるでしょう。
家賃の相場はエリアによって、引っ越し代は家族構成や荷物の量、移動距離などによっても異なります。

費用は下がるとは限らない?移住後の生活費の目安

移住後の一カ月の生活費の目安をご紹介します。

【地方都市での一カ月の生活費例】

生活費 4.5万円
食費 4万円
日用品 1万円
交通・通信費 3万円
水道光熱費 2万円
その他教養娯楽費など 3万円
税金・社会保険 4万円
支出合計 約22万円

生活費は家族構成やライフスタイルによっても異なりますが、月20万円前後がひとつの目安となるのではないでしょうか。

都市部から地方都市へ移住した場合、家賃や土地代が安いのが最大の魅力。
一般的に家賃や食費は下がることが多いです。

しかし、それ以外の費用は必ずしも下がるとは限りません。
インフラが都会ほど整っていないエリアへ移住する場合、車が必要不可欠で車両維持費が発生したり、 水道代やガス代などの光熱費が上がってしまったりする可能性も。
移住先で転職をして収入が変わることも考えられます。

家族構成やライフステージにもよりますが「移住をすれば生活費が下がって余裕のある暮らしができる」とは限りませんので、しっかりシミュレーションをして検討することが大切です。

田舎への移住は生活費が大幅に下がるということよりも、毎日の暮らしの質が上がるという部分が大きいです。
資金計画をしてみたうえで、魅力部分が大きければ移住を決めても良いでしょう。

移住先で住宅購入する場合、自治体の費用支援もチェック!

20200313_ijuu-hiyou-k.jpg

移住先で住宅を購入したい場合はさらに大きな費用が必要です。

住宅金融支援機構が行なった「フラット35利用者調査2018年度(集計表)」によると、新築注文住宅(土地付き)建築費用、中古戸建て購入費用の平均はそれぞれ下記のようになります。
※壮瞥町の平均は本町持ち家住宅取得奨励事業補助金実績から算出

新築注文住宅(土地付き)建築費用平均
全国 約4,113万円
首都圏 約4,775万円
北海道 約3,707万円
壮瞥町 約2,045万円
中古戸建て購入費用平均
全国 約2,473万円
首都圏 約2,991万円
北海道 約2,141万円
壮瞥町 約520万円


地方都市では都市部よりも購入費用が安い場合がほとんどですが、まとまった費用が必要であることには変わりありません。
また中古住宅を購入した場合はリフォーム代などが必要となる場合があります。


北海道壮瞥町では、新築・中古に限らず、持ち家を新たに取得する方に対しての助成金制度があります。
助成額は新築建て替えの場合で上限70万円、中古の場合で上限50万円となります(どちらも取得費の1/10を上限)。
町税の滞納がない、5年以上の居住を確約される方が対象となります。

他にも町内で新たに起業をされる方や新規就農者・農業跡継者に対しての補助金・助成金もありますよ(※条件等あり)。

土地購入や中古戸建て購入をお考えの方は、壮瞥町ウェブで提供している「空き家バンク」もチェックしてください。

移住にかかる費用の目安を知ってしっかり検討を

移住にかかる費用は移住先や家族構成、ライフスタイルなどによっても異なりますが、引っ越しや住居準備などの初期費用に100万円前後、移住後の生活費は月20万円程度が一つの目安となるのではないでしょうか。

地方移住では、都会と比べ住居費や食費は下がる傾向にありますが、全ての項目で費用が下がるとは限らないので注意しましょう。
新たな仕事が決まるまでの生活費も3ヶ月分程度は用意しておきたいところです。
田舎へ移住することは、生活費が下がることよりも暮らしの質が上がるという魅力が大きいともいえます。
しっかりとシミュレーションをして検討しましょうね。

移住先で住宅購入をする場合はさらに大きな費用が必要となります。

新築はもちろん、中古住宅の場合も購入後のリフォーム費用などが必要です。
移住者にうれしい助成制度を掲げている自治体もありますので、ぜひチェックしてみましょう。

北海道壮瞥町では、さまざまな移住に対するサポートもおこなっています。
移住に興味のある方はぜひ一度お問い合わせください!

【 移住定住窓口 】

壮瞥町役場 企画財政課
企画広報係

[相談担当]
作田 宏明(さくた ひろあき)
藤川 将司(ふじかわ まさし)

TEL. 0142-66-2121 (平日8:45~17:30)
メールでの問い合わせはこちらをクリックしてください。

壮瞥町の移住情報サイトでは、いつでもご質問やご意見・ご要望などお待ちしております。移住・定住サポート、仕事、子育て、住まいに関するお問い合わせなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

よくある質問はこちら

関連記事
TOP