今日の壮瞥

登山を楽しむ

こんにちは。
壮瞥町地域おこし協力隊の今井です。

壮瞥に移住し、雪が溶けて初めての春を迎えた頃から、登山を楽しむようになりました。
山頂に至るまでの道中を満喫しながらの登山はとても気持ちがよく、目にする様々な植物は美しく興味深いものが多くあります。

[オロフレ山の風景]
20220729_ir_enjoymountain_01_orofure.jpg

移住前は登山をしてみたいと考えることがなかった

移住前は、わざわざ山の麓まで数時間かけて移動し、そこから登山をし、疲れ切った状態で時間をかけて家に帰るという流れが煩わしく、あまり登山に取り組もうと思うことはありませんでした。
何度か、低い山の登山はしていたので、山の上からの光景の美しさは理解していましたが、正直、そこまでの労力をかけてまで山に登りたいという気持ちはありませんでした。

自然豊かな環境の中で登山へのモチベーションがあがった

壮瞥に移住してからは、山までの移動距離が短いこと、周辺に綺麗な山がのぞめて間近に行ってみたいという想いが強まったことから、登山に取り組むハードルが下がりました。
また、町内に昭和新山や有珠山があり、春先に登山学習会が開催されていたことも、登山経験があまりない私としては、登山をする大きなきっかけになりました。

最初は昭和新山登山学習会

壮瞥に来て最初に登った山は、ちょうどタイミングよく登山学習会が開催された「昭和新山」となりました。
昭和新山登山学習会では火山マイスターのガイドにより、昭和新山の成り立ちを学びながらの登山となります。
昭和新山は私有地なので、特別な許可を取って入山をしました。
単に気持ちよく登山をするだけでなく、昭和新山の歴史を勉強し様々なことを感じ、考えながらの道中となり、とても有意義な会となりました。

20220729_ir_enjoymountain_02_syowashinzan.jpg

その後も様々な山へ

昭和新山に続いて、有珠山や伊達紋別岳、オロフレ山と様々な山に登る機会が持てました。

昭和新山や有珠山は噴火の痕跡も生々しく、蒸気が立ち上っているところもあり、地球の息吹を感じます。

[有珠山光景(特別な許可を得て入山しているエリア)]
20220729_ir_enjoymountain_03_usuzan.jpg


一方で、伊達紋別岳やオロフレ山は稜線歩きや豊かな高山植物など、山頂までの道のりがとても楽しく美しいです。

[伊達紋別岳の光景]
20220729_ir_enjoymountain_04_monbetsu.jpg

今後の挑戦

周辺には、壮瞥町内から見える範囲で、徳舜別山やホロホロ山、昆布岳など様々な素敵な山々があり、これから少しずつ挑戦していきたいと思っています。

そして近い将来、もう少し体力をつけて羊蹄山に登頂します!

関連記事
TOP