今日の壮瞥

移住後初めてのイベント出店

こんにちは、壮瞥(そうべつ)町地域おこし協力隊の前橋です。

移住前から続けている「店舗をもたないコーヒー屋」としての活動。今までは日本各地のコーヒーフェスティバルに参加したり、友人の店の軒先を借りてコーヒーを販売したりしていました。神奈川で最後にコーヒー屋活動を行ったのが6月末。そこから約5か月経過してしまいましたが、ついに再始動!11月は「みちくさ市」と「トーヤヨガ日和」という2つのイベントに参加しました。

211125_mf_michikusa04.jpg

主催者としても関わったみちくさ市

みちくさ市では自分も主催者として運営に携わり、申請などの事務まわりやイベント告知を担当。協力隊に応募する際、観光プロデューサーという役割の中でイベントを開催したいと考えていたものの、それらしい仕事をあまりできていなかったので、ようやく第一歩を踏み出せたような気がします。

みちくさ市は、周辺市町の協力隊が中心となり連携して開催しました。元協力隊の方や現役協力隊の持っているモノやコトが多彩で、はちみつや古本、ジビエ、雑貨が並ぶとても楽しい屋外空間に。とても豊かなイベントになりました。私は、移住前から一緒に活動しているチーズ屋さんと一緒に出店。現在ヨツカド商店という名前で、チーズと自然派ワイン、コーヒーをそれぞれ担当しながら、大人3人で活動しています。実は、今年11月から着任したもう一人の地域おこし協力隊の今井さんもそのメンバーの1人です。(今井さんの自己紹介ブログはこちらから読めます。)

211125_mf_michikusa01.jpg

イベント当日は、チーズとコーヒーのペアリング体験が大人気!「チーズとワインもいいけど、チーズとコーヒーも意外と合うんですよ」ということを広める活動を始めてはや数年。お客さんの「おいしい!びっくり!」という言葉にいつも嬉しくなってしまいます。チーズとコーヒーは、組み合わせによって味わいのバリエーションがたくさん。今後は、ペアリング体験に重きをおいたイベントなどもできればと考えています。

いつか壮瞥町内でもイベントを!

焚火にあたりながらのんびり過ごしたり、本を読んだり、思い思いに過ごすお客さんを眺めていると、イベントっていいなと改めて感じます。「みちくさ市」は伊達市大滝区、トーヤヨガ日和は洞爺湖町での開催でしたが、壮瞥町を含め周辺地域からお客さんが来場してくれました。

211125_mf_michikusa03.jpg

移住してきたときから感じていますが、この周辺は景色や食などの資源が豊富なだけでなく、人がとってもあたたかい。このように町や周辺地域の方と直接お話できる機会があると、よりそれを実感でき、壮瞥町に住んでよかったなと思います。今後も様々な周辺地域のイベントに出店しながら、いつか壮瞥町内でイベントを主催できるように、活動を広げていきたいと思います。

関連記事
TOP