今日の壮瞥

ジビエに挑戦

壮瞥町地域おこし協力隊のガスです。

田舎暮らしの特権。
それは、新鮮な食材が手軽に手に入ること。

農産物直売所サムズや農家さんの直売所で購入したり、
知り合いの農家さんからいただいたり、
日々、美味しい食材を楽しんでいます。

そして、先日ついに、

あの食材を入手しました。

20201127_ks_venison.jpg
エゾシカ肉

伊達市地域おこし協力隊の天野雅文さんからいただきました。

壮瞥町のお隣、伊達市大滝区でも有害鳥獣による農作物被害は深刻で、
天野さんは来年度、駆除したエゾシカを有効活用するため、ジビエ加工所を開業する予定です。

「獣臭い」というイメージがあるシカ肉ですが、
適切な処理を行うことで、臭みのない肉になるそうです。

20201130_ks_jibie.jpg
エゾシカのワイン煮込み

ネックは少し硬いので煮込みなどに、
ヒレは柔らかいので低温調理、ローストなどに向いています。
臭みがまったくなく、とても美味しいお肉でした。

壮瞥町でも年々エゾシカによる農作物被害が増加しており、
早急な対策が求められています。

他地域での事例を参考に、どのように自分たちの取り組みに活かしていけるか、
検討していきたいと思います。

関連記事
TOP