今日の壮瞥

【地域おこし協力隊マルシェ】みちくさ市に初出店

こんにちは!北海道壮瞥(そうべつ)地域おこし協力隊"おしみ"こと、清水です。

2022年7月30日(土)広域の地域おこし協力隊が主催・企画した『みちくさ市』が喜茂別町で行われ、初出店してきました。第1回目の『みちくさ市』は、以前に同じ協力隊の前橋さんがブログ記事を書いているのでこちらもご覧ください。

20220816_sm_michikusa1.jpeg

『みちくさ市』って何?

北海道の西いぶりや喜茂別周辺を中心に地域おこし協力隊(OG、OB)の仲間たちで開催する、みちくさ感覚でふらっと立ち寄れるマルシェ。(第1回目は2021年11月13日、伊達市大滝区の「シカトモ」で開催。5店舗が出店。)

2回目は12店舗が出店。壮瞥からはコーヒーとチーズとワインを販売する「ヨツカド商店」(前橋さんと今井さん)、壮瞥産の有精卵を使ったシフォンケーキを販売する「Kissa matka!」(中岡さん)、そしてオリジナルの熊雑貨を販売する私「KIOSK EPERE」の3店舗が出店しました。

約半分が飲食の出店者。その他「移動本屋」や「古着」「木工品」などある中で「オリジナルの熊雑貨」...。知らない人が見たら「なんだそれ?」ですよね。とてつもなく異色だったと思います。

20220816_sm_michikusa2.jpeg

隣のテントでは「ヨツカド商店」が出店

会場では地域ごとにブースを分けての出店。私の隣は「ヨツカド商店」でした。前職で接客業をしていたもののイベント出店は2回目(※前回は八雲)の初心者なので、隣に先輩がいる!と思うととても心強かったです。

画像はいつもより頼もしく見える、斜め30°の前橋さんです。

20220816_sm_michikusa4.jpeg

『みちくさ市』で初登場の【熊みくじ】

この日販売したのは、八雲町のイベントでも出品した【すーさん熊グッズ】がメインでしたが、今回は新アイテム【熊みくじ】を販売スタートさせました!5cmくらいの陶器で出来た熊の置物の中におみくじが入っていて、そのまま飾れるようにもなっています。1つずつ表情も形も違い、おみくじの内容も熊に特化。(大吉から大凶までの13種類を制作。)

20220816_sm_michikusa5.jpeg

【熊みくじ】で笑顔になってほしい

「おみくじ」って普段は神社で引くイメージですよね。私は東京にいた頃からイベントや雑貨屋、アーティストの展示でオリジナルのおみくじを購入する機会が多く「おみくじ」に対して、身近でポップなイメージを持っていました(※もちろん神社で引くおみくじは大好きです!)。そういった"モノ"をきっかけに「お客さんに笑顔になってほしい!」そして「そんなモノを作りたい!」と思っていました。今回、熊を好きな人もそうでない人も、老若男女問わずたくさんの方に【熊みくじ】を引いて楽しんでもらえたことに、不思議と充実感のようなもので心が満たされました。

【熊みくじ】はこの日の一番人気。「どの子にしよう!」と悩んでくれるお客さんの姿や、中身のおみくじを読んで笑ってくれる姿を見られてとても幸せでした。お立ち寄りいただいたみなさま、ありがとうございました。

20220816_sm_michikusa3.jpeg

「シカトモ」のスパイスチキンカレー&鹿肉鉄板焼きトッピング

この日のランチは伊達市大滝区から出店した「シカトモ」のカレー。実は鹿肉をそんなに好きではないのですが、なぜだか「シカトモ」だと食べてしまう。本当に美味しい!なのでいつも鹿肉鉄板焼きをトッピングしちゃいます。

ほとんど自分の出店ブースにいたので、あまり会場を見られなかった私もランチタイムはお客さんとしてイベントを楽しめました。

20220816_sm_michikusa7.jpeg

札幌ドラムサークルのワークショップに参加

『みちくさ市』では「札幌ドラムサークル」のワークショップが行われました。この日私のお店(&中岡さんのお店)にお手伝いで来てくれた、農業おこし協力隊の杉山さんが演奏に参加していました。
私もイベントがスタートした早い時間に参加して太鼓を叩きました。音楽は好きでいつもは"聴く派"。杉山さん、そしてドラム経験者の前橋さんも参加して、お客さんも一緒になってみんなでセッション!久しぶりに楽器と触れ合い「自由に音楽を奏でるって楽しい!!」と、とてもワクワクする時間でした。

20220816_sm_michikusa6.jpeg

協力隊という仲間と一緒に参加するイベント

壮瞥町の地域おこし協力隊は現在「農業おこし」(2名)、「魅力おこし」、「スポーツおこし」、「観光プロデューサー」、「移住コンシェルジュ」、「空き家コーディネーター」の7名が活動しています。
この日、そのうちの5名がイベントに参加。「地域おこし協力隊」という肩書があり、所属している課もミッションも違うけれど、それぞれの「好き」や「得意」なモノを使って一緒に出店できたことは、楽しめたのはもちろん、また新たな絆も生まれた気がしました。そして他の町の協力隊や、来てくださったお客さんとのご縁も繋がり本当に素敵なイベントでした。
「熊の雑貨販売するのって...どうかな?」と当初不安でしたが、参加してよかったです!

壮瞥の協力隊の集合写真です。自分で見ても楽しそうな良い写真だと思います。(撮影/吉田貫太郎)

これから壮瞥でもこんなイベントが開催出来たら!と思っています。その時は是非遊びにいらしてくださいね!

【みちくさ市Facebookページ】
【みちくさ市Instagram
【ヨツカド商店Instagram】
【Kissa matka!Instagram】
【熊好きおしみInstagram】※KIOSK EPERE

関連記事
TOP