今日の壮瞥

壮瞥町の素敵な散歩道【そうべつ滝】

こんにちは。壮瞥町地域おこし協力隊の水野です。

移住して、もうすぐ5カ月が過ぎようとしていますが、毎日旅の途中の気分で、旅するように暮らすのは継続中です。
朝起きて窓から洞爺湖を眺め、夜カーテンを閉めるまで洞爺湖を眺め続けていても、刻々と表情を変える風景は全く飽きる事なく心穏やかに過ごせます。
本当に充実していて、それだけで一日が完結してしまいます。

洞爺湖に魅了されて、旅行気分を満喫している私ですが、この夏、少しずつですが壮瞥町で気になる場所を訪れたりしています。
その中で特に印象的だったのが、夏の早朝の【そうべつ滝】の散歩です。

夏の早朝の【そうべつ滝】

【そうべつ滝】は、洞爺湖の水が流れ出す唯一の出口です。
ゴオ~という豪快な音とともにマイナスイオンたっぷりの空気、自然いっぱいの森林浴も楽しめ、整備された散歩道は歩きやすく気持ち良い時間を過ごすことができます。

taki4my0831.jpg

【そうべつ滝】の散歩道は、「滝不動尊 奥の院」通称「お不動様」の横にある駐車場に車を停めて、散歩道入口から徒歩5分くらいで【そうべつ滝】に到着します。
ちょっとした散歩には最適です。

まず、小さな橋を渡りますが、【そうべつ滝】から流れ出た清流は水量が以外と多く、勢いよく流れる水音に少し驚きます。
清流に沿って歩きます。

しばらくすると流れも緩やかになり、水音と虫の音が逆転します。
夏は様々な虫がいっせいに鳴いて賑やかです。

taki6my0831.jpg

木漏れ日が葉っぱや水に反射しとても美しく、木陰にキノコがひっそりと生えているのを見つけると、「わぁ~キノコ?何キノコ?」と心の声も弾みます。
何気ない発見に気持ちがわくわくします。

taki3my0831.jpg

この日はモンシロチョウが案内役のようにずっとついてきてくれました。

taki13my0831.jpg

歩みを進めると、水音が激しくなり、ゴオーという音とともに目の前に【そうべつ滝】が現れました。

taki12my0831.jpg

壮観です。
滝の落差はそれほど大きくないように感じますが、水しぶきが凄く迫力があります。
とても美しいです。
でもちょっと怖い。
近くに寄ると吞み込まれそうな勢いがあります。
マイナスイオンに満ちた空気が心地よく、真夏とは思えないほど涼しい体感気温です。

今回は夏の緑に囲まれたキラキラした風景でしたが、秋や冬、春はまた違った装いで迎えてくれるはずです。
壮瞥町の魅力的な散歩道を一つ見つけました。
季節の変わりを楽しみに、また訪れたいと思います。

関連記事
TOP