今日の壮瞥

洞爺湖の神様が見せてくれる「洞爺湖ゼロポイント」

皆さんこんにちは。
地域おこし協力隊の中岡です。

洞爺湖は美しい景観だけでなく、アウトドアスポーツも盛んです。

実は先日、壮瞥町内の洞爺湖湖畔に住んでいる川南ご夫妻の「洞爺湖ゼロポイントツアー」に参加させてもらいました。
(ツアーについては記事最後に詳細記載)

今回は、その洞爺湖ゼロポイントについてお話したいと思います。

洞爺湖ゼロポイントとは


20201028_ZeroPoint _NA.JPG

そもそも皆さん、洞爺湖ゼロポイントって聞いたことありますか?

私は知りませんでしたので、初めて聞いたときには「???」となってしまいました。

洞爺湖の水深について

「洞爺湖ゼロポイント」についてお話しする前に、まず知っておきたいのが洞爺湖の水深。
一番深いところで水深は、なんと約180m。
ビルの高さでいうと40階~42階ぐらいの高さ!!!

まさにビックホールです!!

洞爺湖は深い深い湖であるということが分かるかと思います。

ご存じの通り、洞爺湖は遠い昔からたくさんの噴火によってつくられました。
有名な洞爺湖の真ん中に見えている中島もその一つです。

中島の周りには噴火によって持ち上がり固まった島や岩が他にもたくさんあります。

湖畔や洞爺湖の真ん中にある中島の周りの水深はもちろん0~1m程の浅瀬ですが、
実は湖畔から約600m程離れているにも関わらず、突如現れる浅瀬ポイントがあります。
そこには水面から顔を出すか出さないかの岩があるのです。

水面から顔を出すか出さないかの岩?

そう、それこそが

「洞爺湖ゼロポイント」と呼ばれる場所です。

噴火によって持ち上がったものの、水位の上昇で沈んでしまった溶岩の山頂です。

登山服で登頂写真を撮りに来る方もいらっしゃいますし、
季節や天候や時間による水位の上下で立てる場所も見つけられる可能性も変わってくるそうです。

なんともロマンチック・・・


さぁ、この広い洞爺湖でゼロポイントを探せ!!!

朝7時半「洞爺湖ゼロポイントツアー」に出発

洞爺湖をボートに乗って周りました。

船長であるご主人とガイドである奥様の息はぴったり!!

ポイントごとに止まって説明を入れてくださいました。

20201028_zero6_NA.jpeg

火山噴火によって噴出した溶岩を島の上や水面で見つけたり、
昭和新山や有珠山のお話、鹿の生息環境のお話など、様々なことを教えていただきました。

そしてゼロポイントを目指します。

「洞爺湖ゼロポイント」はテニスコート2面分の広さで、

「洞爺湖畔にあるウィンザーホテルから、中島の右端をつないだ直線状にある」とのこと!

見つけ出すのは至難の業です。
それでも毎日のように通って様子を観察してきた川南ご夫妻は経験豊富。

ご夫婦の共同作業で 探す! 探す!

やっと見つけることができました!!

洞爺湖の神様が下りてきた感じがしました。キラキラキラ

20201029_Toyako_ZeroPoint _NA.JPG

水面下に岩山の山頂があるなんて、、、そしてそれを実際に見れるなんて感激でした。


1時間半のツアーでしたが、本当に充実した内容であっという間の時間でした。
この日は雨天予報でしたがなんとか天気にも恵まれ、朝から良い一日をスタートさせることができました。

とても知識やご経験が豊富のご夫妻から学ぶことはたくさんあり、火山と共生する町の方の生の声を聴くことができました。
(これについても今度詳しく書きたいと思います。)

川南ご夫妻、貴重なツアーに参加させていただき、本当にありがとうございました。


~ツアーのご案内~

「洞爺湖ゼロポイントツアー」は不定期で行われています。
比較的波が穏やかな早朝に出発することが多いです。

ご興味のある方は、来年オープンに向けて
レジデンスインKohan(仮称)の開業準備をされている川南ご夫妻までご連絡をお願いします。
お電話番号は080-3265-7470(川南和彦様)です。


また、洞爺マリンさんでも不定期で行われています。
お電話番号は0142-75-3467です。

なお、気象条件等によって近づけない場合もあり、途中でコースが変更になることもあるとのこと。
詳細はお問合せをお願いします。

※各ツアーは、4/15~10月中旬まで催行予定です。
2020年は終わってしまいましたが、今後のご旅行の参考になればうれしいです。

関連記事
TOP