今日の壮瞥

家庭菜園でエスニック料理

こんにちは、壮瞥町地域おこし協力隊のガスです。

7月は気温の高い日が続き、
自宅の家庭菜園で育てている野菜が大きく成長しました。

ホームセンターで苗を購入したパクチーやバジルも次々に収穫を迎え、
様々な料理に活用しています。

20210719_ks_coriander.jpg
収穫したパクチー
清涼感のある独特の香りが広がります

ベトナムフォー


20210719_ks_pho.jpg
ベトナムの麺料理「フォー」

八角やシナモンなどのスパイスと鶏肉を煮込んだスープに、
大量のパクチーとライムを入れます。

スパイスとパクチーの香りが広がり、あっさりといただけます。
(本来は米粉の麺を使いますが、今回はうどんで代用しました)

ラム肉のスパイス炒め

20210719_ks_rumb.jpg
赤いスパイスにパクチーの鮮やかな緑色が引き立ちます

クミンや唐辛子などのスパイスで炒めたラム肉にパクチーを合わせました。
露地で栽培したパクチーは香りが強く、炒め物にも向いています。

ジェノベーゼ

バジルは成長が旺盛で次々に新しい葉が出てくるため、
ニンニクやチーズなどと一緒にミキサーにかけて、大量消費の定番「ジェノベーゼ」を作りました。

20210719_ks_basil.jpg
収穫したバジルの葉

20210719_ks_penne.jpg
ミキサーにかけてジェノベーゼソースに

ゆでたパスタにあえるだけで本格的なイタリア料理になります。
ジェノベーゼソースはエビやジャガイモなどに和えてもおいしいです。

パクチーやバジルは初心者にも育てやすく初めての家庭菜園にぴったり。
採れたてのハーブの香りは格別です。

関連記事
TOP