今日の壮瞥

地域交流センター山美湖【図書室】

壮瞥町の図書室をご紹介します。

こんにちは。壮瞥町地域おこし協力隊の水野です。

移住して、壮瞥町内の公共施設で真っ先に尋ねたのが、図書室でした。

本好きの私としては、わくわくする場所です。
とても人気のある場所で、過去の協力隊のブログでも記事が掲載されています。

壮瞥町の図書室は、地域交流センター山美湖内にあり、壮瞥町らしく、
閲覧席からは昭和新山や有珠山を眺める事ができ、明るくてとても静かな場所です。

tosho8 my 202210.jpg

窓から入ってくる風が気持ち良く、のんびりできる空間です。

tosho6 my 202210.jpg

子供用のスペースもあり、親子で安心して過ごせる工夫がされています。


tosho4 my 202210.jpg

家の壁一面がこんな本棚だったら楽しいなあ~なんて思ってしまいます。

壮瞥町は『図書』に力をいれているのが良くわかる事業があります。

生後まもない頃から親子で本に触れることができるブックスタートというものです。
0歳の赤ちゃんから本を読んであげることによる「ことばかけ」の行為から親子のきずなとコミュニケーションを深め、絵本をとおして赤ちゃんと保護者が楽しい時間を分かち合うことを応援するための事業です。
壮瞥町から、赤ちゃんに本やアドバイス集が入ったブックスタートバックが配布されます。

本が身近にあるのは素敵な事だと思います!

tosho5 my 202210.jpg

図書室の風景です。

明るくて、落ち着けるスペースです。

本のラインナップもバランスよく色々なジャンルが揃っていて、私としては、読みたい本ばかりです。

司書さんが、無類の本好きで、読みたい本の希望を伝えれば、興味をそそる選本をしてくれます。

自分の世界が広がる事、間違いありません!

本を一冊手に取って、閲覧席でページをめくり、窓から昭和新山と有珠山を眺めれば、慌ただしい時間を忘れる事ができると思います。

tosho7 my 202210.jpg

もしお時間があったら、本を借りて、図書室を出て、駐車場の向かい側にある素敵な公園に行ってみてください。

≪壮瞥町町民公園≫です。

東屋もあるので、借りてきた本を読むのも素敵ですね。

爽やかな風を感じながら、四季をとおして楽しめる場所です。

壮瞥町で素敵な読書タイム、いかがですか?

関連記事
TOP