今日の壮瞥

そうべつウィンターアウトドア体験会Ⅳ

みなさんこんにちは。

地域おこし協力隊の中岡です。

前回の活動レポートでお伝えしたとおり、
令和3年2月24日に壮瞥町には「そうべつアウトドアネットワーク」が発足されました。
前回の活動レポートはこちら

20210406_SOON_NA3.JPG

順番が前後して申し訳ありませんが、
設立に向けて、令和3年2月20日と2月21日に「そうべつアウトドア体験会Ⅳ」が実施されましたので、
今回はそのイベントの様子をレポートします。


こちらも「そうべつスポーツコミッション(仮)設立準備委員会」による壮瞥町におけるアウトドアの可能性を探る活動の一環としてオロフレスキー場で行われました。
秋にも開催して大好評だったアウトドア体験会第二弾となります。
(ちなみに、秋の体験会の活動レポートはこちらです。)

そうべつウィンターアウトドア体験会Ⅳ

20210512_NA_WOD7.JPG

町民のみなさんに町内施設やアウトドアを楽しんでもらい、
壮瞥の自然の良さを実感し、様々なアイデアをもらって次に繋げるという目的のもと行われました。


場所は大いなる可能性を秘めたアウトドアフィールド「オロフレスキー場」

20210512_NA_WOD1.jpg

壮瞥町は自然資源が豊富にありますが、
その中でも様々な体験ができる場所として今回選んだ場所が「オロフレスキー場」。
オロフレスキー場は景色がすごく良く、静かで落ち着いていて、施設も整っています。

冬はスキー場として町民だけでなく近隣からも利用があり、
夏はキャンプ場として貸し出しています。

いざ出発!

20210512_NA_WOD15.JPGスノーシューをはいて体験会場所まで向かいます。

アウトドア体験会Ⅳの内容

今年の冬は雪にめぐまれ、オロフレスキー場ではバナナボートも大人気でした。
スキーだけでなく、スノーチューブやそりを楽しむ人も多く来てくれました。

そんな恵まれた雪を活用し、今回の体験会では、主なアクティビティとして

・冬のツリーイング

・スノーシュー&ビーコンを使った宝探し

・そり

・たき火・マシュマロ焼き

という体験活動を用意しました。

ツリーイング

20210512_NA_WOD8.JPG

新しい森のアクティビティとして近年注目されているロープを使った新感覚の木登りです。
樹木にダメージを与えることがなく自然にも優しいアクティビティです。
今回も秋の体験会に続き、
NPO法人 いきものいんくから阿部インストラクターが準備から指導まで細やかなサポートをしてくれました。
ツリーイングは階段を上れる人なら年齢関係なく誰でも体験が可能とのことです。

スノーシュー&雪の中でビーコンを使った宝探し

20210512_NA_WOD2.JPG

ビーコン」とは何かを誘導したり、信号を送ったりするものを指す言葉であり、
今回使ったビーコンは、
雪崩などに遭遇した時、埋没した人の捜索のために作られたトランシーバーの一種です。
雪崩発生の危険が存在する場所での行動中は、常時ビーコン信号を発することができるように作動させておくと、万が一雪崩に巻き込まれて埋没してしまった場合、早期に仲間に見つけてもらえる可能性が高まるのです。

そんな道具を知ってもらうため、ビーコンを使った「雪の中の宝さがし」を行いました。
スノーシューの体験も兼ねて雪山の中ではスノーシューで歩きました。

まず、ビーコンを3つ用意し、1つは雪の中に宝物と一緒に埋めます。
その他2つのビーコンを使って力を合わせて捜索しました。

宝物を見つけるのに必死で、すぐにビーコンの使い方をマスターしていました。
宝物はどこかな~?

20210512_NA_WOD13.JPG

距離も縮まり、ビーコンの音の感覚が近くなってきました。

あっ!なにかあるかな?

20210512_NA_WOD3.JPG

ありました~!

20210512_NA_WOD1 (2).JPG

宝物を見つけました!
中にはみんなの大好きなお菓子が入っていました。

そり

今回は立って乗れるそりと6人用のそりを用意。

20210512_NA_WOD16.JPG

20210512_NA_WOD9.JPG


大人も子供もキャーキャー言いながら楽しそうに遊んでいました。

20210512_NA_WOD10.JPG




たき火・マシュマロ焼き

最後はマシュマロを焼いて楽しみました。
とろとろに焦げた甘いマシュマロは疲れた体にしみました。
大人の方にアンケートを記入してもらい、ここで終了です。

おつかれさまでした!

20210512_NA_WOD5.JPG

美味しそうな様子、楽しかった様子が写真から伝わるとうれしいです。


大人も大いに楽しみ、時間が足りないと感じられる
良い体験会でした。
天候にも恵まれて、二日間合わせて約70名がこの体験会に参加してくれました。

壮瞥町には湖も火山もきれいな星もオロフレ山も滝も温泉も農作物も・・・本当に誇れるものがたくさんあります。

そういったものを組み合わせてすべてはアイデア次第で何ができるか。
オロフレスキー場はじめ、壮瞥町には様々な可能性があふれています。

今あるものを使い、どんな風に何を創造し、どうやって周知して多くの人に楽しんでもらえるか。
それを今後もみなさんで考えていきます。

アンケートにもたくさん良いご意見を頂いたので、今後の方針に反映し、
その様子も随時こちらで報告していきたいと思います

設立準備委員のみなさま、オロフレスキー場のみなさま、
そのほかお手伝いいただいた皆様、本当にありがとうございました。

オロフレスキー場のご案内

オロフレスキー場は有限会社オロフレリゾートが運営しています。
〒052-0115 有珠郡壮瞥町字弁景204番地5
営業時間平日 9:00~16:00  日・祝日 8:30~16:30
電話:0142-65-2323

夏は6月~9月までキャンプが楽しめます。
(状況によって営業期間の変更がありますので、事前にお電話でご確認をお願いします)
料金:1,000円
こちらをクリックして写真や詳細をご確認頂けます。

冬はスキー場を運営しています。
積雪の状況によって営業期間が変わりますので事前にご確認をお願いします。
リフトの料金はこちらをクリックしてご確認をお願いします。

関連記事
TOP