今日の壮瞥

【北海道】西いぶりコーヒーフェスティバルを開催!

こんにちは!北海道壮瞥(そうべつ)町地域おこし協力隊の前橋です。

2022年12月10日、第1回目となる「西いぶりコーヒーフェスティバル」を地域のあそびば ミナミナで開催しました。念願だった、この土地でのコーヒーフェス開催。その様子をレポートしたいと思います。

221214_mf_coffeefes-3.jpg

コーヒーフェスティバルって?

東京をはじめ、青森や札幌、仙台など、今や全国各地で開催されているコーヒーフェスティバル。主にその地域のコーヒー屋さんが1つの会場に集まり、コーヒーを販売します。私自身、壮瞥町に引っ越してくる前は青山、青森、それから京都など、いくつものコーヒーフェスティバルに毎年出店していました。

なんといっても、一度にいろんなコーヒー屋さんのコーヒーが飲めることが醍醐味。コーヒー屋によって仕入れている豆の種類が違ったり、焙煎度合いの好みが違ったりするため、飲み比べするとそれぞれの違いを味わうことができ、コーヒー好きにとってはとても楽しいのです。

また、一度に何十店舗ものお店が集う規模の大きいフェスでは、まさに「お祭り」気分を味わえることも、コーヒーフェスティバルの楽しいところです。

壮瞥町で開催したかった理由

221214_mf_coffeefes-5.jpg

壮瞥町に引っ越してきた時に、周辺のコーヒー屋さんの多さに驚きました。しかもおいしいコーヒーが多く、飲み比べできたら楽しいだろうな、いつかコーヒーフェスティバルをやりたいなとずっと考えていました。

8月にヨツカド商店と地域のあそびば ミナミナをオープンさせてから、西いぶりを中心に周辺地域からたくさんの方が遊びにきてくれています。その中で感じていたのが、「壮瞥町はどの市町からも近い」ということ。というと少し語弊がありますが、西いぶりはもちろんのこと、喜茂別町や白老町なども夏場は車で1時間あれば行くことができます。ミナミナを、地域という枠を超えて、たくさんの人に集まってもらえるようなコミュニティスペースにしたいという思いもあったため、コーヒー好きが一堂に会するイベントをこの場所で開催したいと考えました。

コーヒーフェス当日は大盛況!

221214_mf_coffeefes-4.jpg

記念すべき第一回目の出店者は、イベント出店を中心に活動しているKAMOME COFFEEさん、豊浦町の佐藤いちご店 喫茶室さん、喜茂別町のcoffee&sharespace tigrisさん、同じ壮瞥町から、地域おこし協力隊の先輩でもあるTOYA CAFÉ珈琲焙煎所さん、そしてヨツカド商店の5店舗でした。第一回目、しかも冬の開催というどうなるかわからないイベントに快く出店してくださったみなさまに、心より感謝します。

221214_mf_coffeefes-1.jpg

今回は私が過去に出店したことのある「Tokyo coffee festival」や「青森コーヒーフェスティバル」を参考に、飲み比べチケットも用意しました。各店で試飲サイズのコーヒーと交換できる5枚綴りのチケットを50部限定で販売。見事完売し、来場者の皆さんに「コーヒーを飲み比べる楽しさ」をお届けできたのかなと思います。

当日の来場者は160人超えと、ミナミナがオープンしてから今まで実施したイベントの中で最高の来場者数を記録。小さなイベントを頻繁に行ってきたことで、町内外からいろんな方に遊びにきてもらえる場所になってきたことを実感することができました。また、各出店者の持つ集客力にもとても助けられました。

次回は来年春頃に!

221214_mf_coffeefes-2.jpg

第2回目は来年春頃、暖かくなってきた頃にと考えています。今回は5店舗でしたが、できればもっともっとたくさんのお店に出店してもらえるような規模にしていきたいと思っています。コーヒー屋さんだけではなく、コーヒーのお供になるようなおやつやパンなども交えて、今回よりも楽しいお祭りにしたいと思います。

また、「西いぶりコーヒーフェス」なので、ゆくゆくは壮瞥町だけではなく西いぶり各地で開催していきたいとも考えています。過去に開催したみちくさ市では、会場を毎回変えることで生まれる出会いや楽しさもあったので、このコーヒーフェスもいろんな場所で開催したいと思っています。

次回をどうぞお楽しみに!

関連記事
TOP