今日の壮瞥

【壮瞥町】大ほっかいどう祭に出展しました!

こんにちは!壮瞥(そうべつ)町地域おこし協力隊の前橋です。

2022年8月7・8日の2日間、札幌ドームで行われた「大ほっかいどう祭」の「魅力発見!市町村エリア」に壮瞥町として出展しました。初めて開催された、大ほっかいどう祭。札幌ドームに北海道の魅力を丸ごと詰め込み、ひろい北海道をあっという間に体験できるお祭りでした。

札幌ドーム全体を使ったこのお祭り、中央部にはやぐらステージが組まれていました。ホーム側のステージでは、たくさんのパフォーマンスも。中でも踊りながら吹奏楽を演奏する「ダンプレ」は初めて鑑賞したのですが、一瞬で引き込まれました。気になる人は検索してみてください!
20220809_mf_daihokkaidofes-3.jpg

胆振地方からは他にも洞爺湖町、室蘭市、登別市が出展。登別ブースの周りでは鬼が歩いていて、笑顔で一緒に写真を撮る子供たちがたくさんいる一方で、泣き出し逃げ惑う子供も。鬼、怖いよね...。

壮瞥町のブースは、洞爺湖町さんと隣同士。別のブースでしたが、みなさんジオパークのポロシャツを着ていたので、壮瞥町ともユニフォーム感が出ていて実は内心嬉しかったです。

20220809_mf_daihokkaidofes-1.jpg

洞爺湖町さんは飲食ブースにも出店されていました。なんとジオバーガーは2日連続完売だったとか!私も食べてみたかったけど、泣く泣く諦め。あか毛和牛串はいただきましたが、とてもおいしかったです。

20220809_mf_daihokkaidofes-2.jpg

壮瞥町のブースでは、農産物直売所サムズの物販を行いました。

20220809_mf_daihokkaidofes-4.jpg

初日はプラムや桃などの果物やとうもろこし、ミニトマトが大人気!ももはあっという間に完売しました。ありがとうございました!プラムは大石早生という品種で、品種としては一般にそこまで甘みが強くないものですが、そうべつのプラムは甘みたっぷり!しかし酸味もほどよくあり、とてもバランスがとれています。

お祭りは終わってしまいましたが、道の駅併設の直売所、サムズではたくさん販売していますので、是非食べてみてくださいね。

20220809_mf_daihokkaidofes-6.jpg

農産物だけでなく、シードルやどら焼き、カレーなど、道の駅で人気の商品も販売しました。シードルやアップルワインの人気も高く、たくさんご購入いただきました。個人的にもおいしくて大好きな商品なので、たくさんの方にご紹介できてとても嬉しかったです。みなさまありがとうございました!

20220809_mf_daihokkaidofes-5.jpg

2日間とも、最後は盆踊りとバーチャル花火で締め。浴衣を着た来場者がやぐらを囲む姿からは、久しぶりに「夏祭り」を感じました。こどもも大人もみんな笑顔で踊っていて、さらには各地のゆるキャラ達もたくさん踊っていて、とても楽しい空間でした。

20220809_mf_daihokkaidofes-7.jpg

2日間行われた大ほっかいどう祭。札幌ドームを一周するだけで、北海道各地の魅力が体験できるとても楽しいお祭りでした。まだまだ訪れたことのない市町村がたくさんありますが、ブースを訪問したことで、たくさんの市町村に行ってみたくなりました。

関連記事
TOP