今日の壮瞥

【DIY】空間を広く見せる工夫

こんにちは、壮瞥町地域おこし協力隊の籠嶋です。

拠点整備の状況をお伝えします。

鴨居の撤去

メインとなる部屋は一つの広い部屋になるよう、
ふすまで仕切られた三つの部屋のふすまを撤去し、繋げて使用しています。
残った鴨居(ふすまをはめ込むための部材)が圧迫感を感じるため、
空間を広く見せるよう取り外しました。

20220408_ks_kamoi_1.jpg
ふすまを撤去して残った鴨居

20220408_ks_kamoi_2.jpg
のこぎりで鴨居を切り外します

20220408_ks_kamoi_3.jpg
空間を広く感じるようになりました

鴨居を外したことで、空間を広く、開放感を感じるようになりました。
梁(ハリ)を生かした雰囲気の良い空間になりそうです。

今後の作業予定

先ずはメインとなる部屋を中心に内装工事を行っていきます。
今後の作業は以下の内容を予定しています。

・床の補強
大引(床を支えるための部材)を支える束石の追加

・断熱材の設置
床下と壁に断熱材の設置、床板と壁板の取り付け

それぞれ必要な部材を発注するため各所の採寸を行いました。
部材には規格があるため、町内の工務店さんにアドバイスをいただきながら選定していきました。
上記の作業と並行してコンセントの追加、交換も行っていく予定です。

関連記事
TOP